【無印良品】インドカレーの王道!”(素材を生かしたカレー)キーマ”の紹介!

~無印良品 MUJIカレー生活~

この記事は約3~4分で読むことが出来ます!

皆さま!おはごはん♪

おこめ系ブロガー「みすのん」です!

今回はインドカレーの王道!「キーマ」カレーの紹介です!無印良品では”(素材を生かしたカレー)キーマ”として無印良品の(素材を生かしたカレーシリーズの中では比較的安い290円で販売しています!

是非最後までご覧くださいね🎵

【無印良品】(素材を生かしたカレー)キーマ

◆商品の紹介!

値段:290円(税込)

内容量:180g(1人前)

賞味期限:購入時から6~9ヶ月程度

主な原材料:鶏肉(ブラジル)、炒めたまねぎ、チキンペースト、コリアンダー、クミン等

URL(無印良品):素材を生かしたカレー キーマ 180g(1人前) | レトルトカレー 通販 | 無印良品 (muji.com)

無印良品の商品は、無印良品ネットストアで購入することが出来ます!今回紹介している「(素材を生かしたカレー)キーマ」以外にも、魅力的な商品がたくさんあるので、是非お店やオンラインストアにも立ち寄ってみて下さいね🎵

◆食べた感想!

それでは食べてみた感想ですが

これぞ王道!インドカレー屋で食べるThe キーマカレー(`・ω・´)!!

まず、キーマカレーを食べたくなる豆知識から説明します!

▲ブログ管理人「みすのん」の明日から使える(かもしれない)おこめトリビア:キーマカレー

キーマカレー:挽(ひ)き肉を使ったインドカレー料理。ヒンドゥー語で「挽き肉」を意味する”キーマ”という単語から来ている。実は「挽き肉を使ったカレー」という意味を持っているだけで、地域によって料理法が異なる。肉は羊のマトン肉や鶏肉を使うものが王道だが、欧州では牛肉を使用する場合もある為に「これキーマカレー?」と思うようなキーマカレーもある。最も調理法が自由なインドカレーとも言える。

それでは味の細かい解説にいきますね!

このキーマカレーは商品に書いてある通り、北インドのキーマカレーをお手本にしています!

皆さまが思うキーマカレーというのは、玉ねぎと大量の挽き肉を使っている、この北インドタイプのキーマカレーを思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?

このキーマカレーには、“ガラムマサラ”と呼ばれる様々なスパイスが入った香辛料を使っており、舌がピリッとする感覚はインドカレー料理まさにそのもの!一方でキーマカレーは辛いというイメージを持ちますが、思ったよりは辛くなく、市販カレーの中辛と辛口の間ぐらいの辛さに近いです。

とは言っても、前回紹介した”(素材を生かしたカレー)バターチキン”よりは辛いので、少し辛いカレーを食べたい人にオススメです!

以前、無印良品のバターチキン(カレー)を食べており、バターチキンは比較的甘めのカレーでしたが、今回のキーマカレーはやや辛いカレーだった分、米が本来持つ甘みを味わうことが出来ました!また”プリンセスかおり”の真価を見せつけられましたね!

このまま食べても十分に美味しいですが、辛いのがやや苦手な方は卵の卵黄部分だけ載せてかき混ぜて食べてみると卵黄の甘みが調和して美味しいかもしれません。少しドロッとしている”ドライカレー”に近いキーマカレーならではの食べ方です!調理法が自由なカレーは、味の可能性も無限大です!

◆ブログ管理人「みすのん」のカレー評価!

・カレーはかなりドロドロしており、インドカレー料理に近い

・キーマカレーは辛いイメージがあるが、無印良品の“(素材を生かしたカレー)キーマ”は辛さはやや抑えめなので、辛いのが苦手な人でも食べられる辛さに仕上がっている

・キーマカレーは挽き肉がメインなので、一般的なゴロゴロしたカレーの具は少ないが、カレーを埋め尽くす量の挽き肉が入っているので満足度は高い

・キーマカレーはナンで食べる王道カレーだが、無印良品のキーマカレーはご飯で食べても十分美味しい!

このカレー自体がマズいと言ってるわけではなく、恐らくナンとの相性が良いので、無印良品で売っているナンでも食べてみて下さい🎵

今回は本格的なインドカレー“(素材を生かしたカレー)キーマ”の紹介でした!

<span class="fz-14px"><strong>みすのん</strong></span>
みすのん

↑同じ無印良品のカレーの中でもトマトを多く使ったキーマカレーです!

それでは今回はこの辺で、最後まで読んで頂きありがとうございました!

~ブログ管理人「みすのん」より~

コメント